プロフィール

Author:かめ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

植物図鑑カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Frithia pulchra

学名 Frithia pulchra
和名 光玉・晃玉
ハマミズナ(メセン)科 フリチア属
原産地 南アフリカ

南アフリカのトランスバールが原産地。
夏に雨季になる温帯草地に生息する夏型のメセンです。
光玉

小型のメセンで5㎝くらいの高さにしか育たず、茎の無い多肉質の葉を群生させます。
夏型とはいえ、夏の暑さにはあまり強くは無く、半日陰くらいのほうがしっかり成長するようです。

たびたび、フェネストラリアと似ている点がピックアップされますが、見慣れると識別は容易。
フリチアの方が葉が太く、根元まであまり変わらない太さで続きます。
また、アップで見ると葉の質感も全然違う。
やすり面状の質感・・・・などと良く言われるようです。
光玉

花は直径2cm程度の中心の白い紫花が基本。
初夏に咲きますが花持ちが良いのが特徴で、一週間くらいは咲いているようです。

この光玉は八重っぽい花になってます。
光玉
ちょっと珍しいタイプですね。


記録者:かめ


スポンサーサイト

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。