プロフィール

かめ

Author:かめ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

植物図鑑カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dorstenia zanzibarica

学名 Dorstenia zanzibarica
クワ科 ドルステニア属
原産地 東アフリカ


ドルステニアが楽しい季節になってきました。
20120614zanzibarica1.jpg


20120614zanzibarica2.jpg
塊根を持つせいか、いたって無事に越冬完了。

昨年は輸入直後ということもあり、やや日陰気味の場所に置いたところ
茎がびよーんびよーんと果てしなく四方八方に伸び散らかしました。

今年は置き場所を変えてやや日作り気味に。
葉っぱワサワサ塊根ぼってり、という愛らしい姿に育っています(今のところは)。

もう少し潅水多めにして欲しそうな気配に見えますが、
茎がコンパクトにまとまっているこの姿を維持したいので当面は現状管理のままで。


20120614zanzibarica3.jpg
ドルステニアは自家受粉するので、繁殖も楽しみのひとつではありますが
昨年はどう頑張ってもこの株は結実しませんでした。
今年は頑張ります(ドルスが)。



記録者:B



スポンサーサイト

Dorstenia crispa ver.lancifolia

学名 Dorstenia crispa ver.lancifolia(sionym:Dorstenia foetida ssp. lancifolia)
クワ科 ドルステニア属
原産地 中央アフリカ、東アフリカ、アラビア

フォエチダの中でも細い鋸葉に比較的白い葉脈を持つバリエーションがランキフォリア。
丈夫で管理はしやすい方です。
Dorstenia crispa ver.lancifolia

フォエチダに比べるとスラッとした印象があり、観賞価値は高い。
並べてみると違いは判りやすいです(右がランキフォリア)
Dorstenia crispa ver.lancifolia

最低気温が15℃を越える成長期は表土が白くなったら灌水。
液肥も効果的です。

ただし、春になってまだ動きが見えないうちに灌水すると腐る事があるので、動きを確認してから10日後(根が動き出してから)くらいに灌水を始める。
Dorstenia crispa ver.lancifolia

冬は葉が落ちたら断水。
寒さに弱い面があるので室内に取り込むと良いでしょう。

フォエチダと同じ独特の変な花は種子が自家受粉で結実し、熟すと強く飛び散ります。
採取したい場合は細かいネットで鉢ごと包むと種子が底に溜まるで、こまめに拾い集めると良いでしょう。
Dorstenia crispa ver.lancifolia

放っておくとこぼれ種で良く殖えます。


記録者:かめ


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。