プロフィール

Author:かめ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

植物図鑑カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aeonium arboreum var. rubrolineatum

学名 Aeonium arboreum var. rubrolineatum
和名 まだら黒法師
ベンケイソウ科 アエオニウム属
原産地 カナリア諸島

Aeonium arboreum var. rubrolineatum

最大で1mを越える茎頂に、茶色の縞が入る緑の葉をロゼット状に拡げる。
その様が花のようで美しく人気のある園芸種です。
学名から察するに、arboreum の園芸品種だと思われるが、同じ arboreum の園芸品種である黒法師とは性質がかなり異なる。
黒法師ほど上にはグングン伸びず太く低く育つ傾向があるが、黒法師同様育成は容易。
また、ある程度成長すると自然に脇芽を出し始める。

原産地は地中海西部のカナリア諸島。
原産地の気候は年中温暖であるために、性質としては暑さにも寒さにも弱い。

日本国内では冬成長型として管理される事が多いが冬の屋外での栽培は出来るだけ避けたほうがよく、実際には春秋成長型。
耐寒温度は5゜Cくらいで冬は比較的丈夫であるが、夏の暑さには弱い。

また夏になると葉を短くして完全休眠に入るので水遣りは少なめにしたほうが良いでしょう。
蒸れが心配なら完全断水も可能ですが、株が弱りすぎて秋の育成が遅れる事があるのであまりお勧めはしません。
暑さに弱いと言っても黒法師と同程度の弱さなので、それほど気を使うことは無いレベル。

Aeonium arboreum var. rubrolineatum

アエオニウム全般に言えることですが繁殖は容易で、挿し木で簡単に増やせます。
頂部をカットして挿せば簡単に発根しますが、夏場はなかなか根が出ないので繁殖は10月になってからが良いでしょう。
また、カットされた基部からもたくさんの芽を吹きます。

Aeonium arboreum var. rubrolineatum

そんな感じで多頭仕立てにすると迫力も出て見栄えもします。



記録者:かめ





スポンサーサイト

Dioscorea elephantipes

学名 Dioscorea elephantipes (=Testudinaria elephantipes)
和名 亀甲竜
ヤマイモ科 ディオスコレア属
原産地 南アフリカ

塊茎が肥大して亀甲状になることから和名が付いた南アフリカ原産の多肉植物。
塊茎、塊根植物の代表種と言ってもいいほど大人気のコーデックスです。

ヤマイモ科で自生地では食用にもなります。
英名はhottentot's bread vine(ホッテントットのパン)
ホッテントット族が食用としている為そう呼ばれてるそうです。
また、Elephant's footという英名も。

Dioscorea elephantipes

半球状で、コルク質の表面は亀甲状に深い彫りが入ります。
秋に一年性の芽を出しハート型の葉を付ける冬育成型の多年草。
晩夏に葉の付け根に黄白色の花を咲かせますが目立ちません。
秋に葉が落ち始めたころから徐々に水を控え、夏は完全に断水します。

Dioscorea elephantipes

株によって個性は様々で、葉に艶の有り無し、葉の淵に皺の有る無しなどなど。
育成期間も株によって三ヶ月近く差があったりして、長いものだと八月くらいまで青々としているものもあります。
特徴の亀甲模様も例外ではなく株によって全然違ったりするので、良い模様の株を探すのもマニアの楽しみのひとつです。

Dioscorea elephantipes

幼苗の頃には亀甲模様は無くツルツルで、実生三年を過ぎた頃から徐々にひびが入り始め、立派な亀甲模様が出来るのには相当な時間を要します。
小さいうちは土の中に埋めて管理するとより速く成長します。



記録者:かめ



Pterodiscus speciosus 

学名 Pterodiscus speciosus
和名 古城
ゴマ科 プテロディスクス属
原産地 ザンビア、ジンバブエ

高さ20cm、直径5cmほどに成長するゴマ科のコーデックス。
多くの塊根植物がそうであるように、このコーデックスも自生地では地中に埋まっています。
花付きはかなり良く、早ければ実生2年目で花が咲きます。

Pterodiscus speciosus

花はゴマ科だけに形はほぼゴマと同じで色違い。
ピンクからワインレッドの鮮やかな花が咲きます。
調子が良いと、何輪もの花が同時に咲き乱れるので非常に見応えがあります。
それにしてもゴマの花って、どの状態が全開なのか非常に分かりにくい・・・・・・。

Pterodiscus speciosus

葉の付け根から蕾が膨らみ花となりますが、花となる前のの状態の黒い球体からも蜜が出るらしく、非常に蟻が集まりやすい。
蟻が植物に直接被害を与えることは無いですが、アブラムシを持ってきたり間接的に被害を及ぼす事がありますので注意が必要です。

Pterodiscus speciosus
Pterodiscus speciosus

夏成長型の植物で、冬には葉を落としコーデックスだけの姿になるので断水して管理します。


記録者:かめ




Gymnocalycium friedrichii 'Hibotan Nishiki'

学名 Gymnocalycium mihanovichii var. friedrichii 'Hibotan Nishiki'
和名 緋牡丹錦
サボテン科 ギムノカリキウム属
原産地 南米パラグアイ(交配種)

牡丹玉、若しくは瑞雲丸の交配種で斑入りを定着させた物。
ただし、日本国内で販売されている牡丹玉、瑞雲丸共に純粋なものであるかは疑わしい部分があり、よって正確な交配はほぼ不明。
牡丹玉は稜が薄く尖っていて、瑞雲丸は稜が丸いのが特徴なので、その中間的な緋牡丹錦が多いようです。

Gymnocalycium friedrichii 'Hibotan Nishiki'

高さ5~6cm程、稜は8つが一般的。
かつては実根での長期栽培は難しいとされ接木で販売されることが多かったようですが、近年の良質な用土の開発などにより多少事情は変わっている様子。
ただ、大きくなるにつれ根は弱くなる傾向のようで、正木で8cmを越える玉は現在でも少ないようです。

すべての稜に均等に斑が入っている物が良いとされ、全稜散り斑となるとそれなりの価格で取引されているようですが、個人的には派手斑だろうがなんだろうが好みのものを選ぶのが一番ではないかと思っております。

Gymnocalycium friedrichii 'Hibotan Nishiki'

花はピンク色で直径5cmほど。
ただし花茎の出る位置の斑状態によって色は多少変化します。

Gymnocalycium friedrichii 'Hibotan Nishiki'

果実は色が変化した頃が収穫時。
果実から種子を採取してまく場合、果肉ごとガーゼなどに包み擦るようにして果肉を落として日陰で乾燥させ、5~6月頃に蒔くと良いでしょう。

Gymnocalycium friedrichii 'Hibotan Nishiki'



記録者:かめ



Euphorbia gottlebei

学名 Euphorbia gottlebei
トウダイグサ科 ユーフォルビア属
原産地:マダガスカル


丁度今頃の時期が花盛りで小さいながらも真っ赤な花が目立ちます。

1IMG_6010.jpg




萌芽と同時かそれよりも早い位に花芽が上がり咲き始めます。

2IMG_6016.jpg




お馴染みの花キリンの仲間ですが葉が細く柔らかく本体全体から生えてきて
真夏の最盛期には本体が見えなくなるくらい葉が茂ります。

3IMG_6013.jpg




本来は常緑性なようですが日本では夏育成型で冬には落葉してしまいます。
寒さや霜などに当てると痛んだり枯れたりしてしまうので冬場は霜よけできる場所へ取り込んだほうが良いと思います。家では無加温の室内に取り込んでいます。
その際室内に枯葉を持ち込みたくないので取り除いていますが、本体の鋭く長い棘の隙間にこの細い枯葉が詰まるので取り除く際には刺さったりして怪我をされないようご注意を!(経験者談



記録者:A

Dorstenia zanzibarica

学名 Dorstenia zanzibarica
クワ科 ドルステニア属
原産地 東アフリカ


ドルステニアが楽しい季節になってきました。
20120614zanzibarica1.jpg


20120614zanzibarica2.jpg
塊根を持つせいか、いたって無事に越冬完了。

昨年は輸入直後ということもあり、やや日陰気味の場所に置いたところ
茎がびよーんびよーんと果てしなく四方八方に伸び散らかしました。

今年は置き場所を変えてやや日作り気味に。
葉っぱワサワサ塊根ぼってり、という愛らしい姿に育っています(今のところは)。

もう少し潅水多めにして欲しそうな気配に見えますが、
茎がコンパクトにまとまっているこの姿を維持したいので当面は現状管理のままで。


20120614zanzibarica3.jpg
ドルステニアは自家受粉するので、繁殖も楽しみのひとつではありますが
昨年はどう頑張ってもこの株は結実しませんでした。
今年は頑張ります(ドルスが)。



記録者:B



Sarcocaulon patersonii

学名 Sarcocaulon patersonii
フウロソウ科 サルコカウロン属
原産地 ナミビア

一見刺が痛々しいサルコカウロン属の仲間。
南アフリカ、ナミビア(およびその近郊)の砂漠地帯に自生する冬型の塊根性植物です。
英名はブッシュマンズキャンドル(Bushman's Candle)。
ろう状の表皮が良く燃えるため、焚き木なんかに使われたのだそうです。
勿体無い・・・・・。

Sarcocaulon patersonii

細かいチリチリ葉のサルコカウロンが人気な中で葉は小さめな卵型。
一見痛々しい刺もマイナスポイントなようでいまいち人気が上がりませんが、実はそんな姿とはかなりギャップのあるキレイ花も特徴です。

Sarcocaulon patersonii

皺のある花弁に薄っすら白筋の入った鮮やかなピンク色の花。
花弁は非常に薄く幻想的で、風が吹いたら飛んでしまいそうです。

ちなみに、ちょっと開きかけくらいの方が花は可愛い・・・・・・と言うのは個人的な感想。

Sarcocaulon patersonii

自生地の気候は非常に乾燥しているので、成長には強い日差しと換気が必要。
用土が完全に乾いてからカラッと晴れた日に水遣りします。

夏は葉を落として休眠するので断水。
葉が落ちてしまうとSarcocaulon herreiと見分けがつき難くなるので注意注意。


記録者:かめ



Ipomoea welwitschii

学名 Ipomoea welwitschii
ヒルガオ科 イポメア属
原産地 アンゴラ ナミビア ボスワナ ジンバブエ ザンビア タンザニア

塊根性のアサガオの仲間。
塊根は比較的キレイな球体を形成し、最大で20cm程に成長します。

Ipomoea welwitschii

アフリカの中央部に自生。
自生地では芋は地中に埋まってるのですが、鑑賞用には露出して植えるのが一般的。
この株の塊根は直径6cmほどですが、既に開花株です。

夏育成型で冬に落葉。
寒さには弱いほうです。

蔓性植物ですが、蔓は何かに巻きつくような事は無く地面に這うように成長します。
アサガオは短日性植物ですので、夏至を過ぎて日が短くなってきた頃蕾をつけます。
光を感じて開花するものなので、夜は確実に暗くなる場所に起きましょう。

Ipomoea welwitschii

蕾が付いてから二十日ほどして開花しますが、アサガオと同じく昼下がりには萎んでしまう一日花。
花の中心がピンクに染まる白花で、大型の塊根を持つIpomoea holubiiに負けないくらいの大輪の花を咲かせます。
Ipomoea holubiiは小さいうちは花付きが悪いのだそうですが、Ipomoea welwitschiiは小さいうちから良く咲きます。

Ipomoea welwitschii

成長期の日当たりは重要で、不足すると花付きが悪くなったり徒長や腐敗の原因にもなります。



記録者:かめ



Othonna clavifolia

学名 Othonna clavifolia
キク科 オトンナ属
原産地 南アフリカ


冬型の小型塊根植物。
自生地はかなりの乾燥地帯とか。


2011年2月6日
20120612Othonna clavifolia(20110206時点)
我が家にきてから1ヶ月ほど。
輸入直後かと思われましたが新葉も出てきて活動し始めた頃。


2011年7月2日
20120612Othonna clavifolia(20110702時点)
冬型の植物なので気温が上がってからはそれほど動きも見えず。


2012年2月12日
20120612Othonna clavifolia(20120212時点)
大変ゴキゲンのご様子。
開花時に撮影し損ねましたが、ルビーネックレスのような黄色い小さな花でした。
水管理を辛めにすると葉がもう少し球形に近くなるかもしれません。



記録者:B


Graptopetalum macdougallii

学名 Graptopetalum macdougallii
ベンケイソウ科 グラプトペタルム属
原産地 メキシコ南部

メキシコ南部の高地に自生するベンケイソウ。
の割には暑さには比較的強い印象で、夏にダメにしたことはありません。
Graptopetalum macdougallii

葉は薄くて先が尖り、透明感のあるエメラルドグリーンのような緑色。
茎は無く、ランナーを伸ばして群生するのが特徴。
思いのほか強健種で、調子が良いとどんどんランナーを伸ばして鉢からはみ出して大増殖します。

Graptopetalum macdougallii

花は赤紫色の星型で、春先に咲きます。
ひとつの花茎から5~6個のツボミが出て群開します。

Graptopetalum macdougallii

ところでこのGraptopetalum macdougallii。
実は一時期偽者が出回りまして、その偽者はうちには無いのですが、交配種なのかその物なのかプロリフェラ(Echeveria prolifica)にそっくりなのだそうです。
実際、結構有名な話のようで、ネットで検索しても同じような偽者報告の記事をいくつか見つけられます。
そしてGraptopetalum macdougalliiとしてEcheveria prolificaが紹介されている事も多数。

ちなみにこれがプロリフェラ(Echeveria prolifica)。

Graptopetalum macdougallii

確かに似てますが、解っていれば間違う筈の無いほど違います。
決定的に違うのが花の色。
プロリフェラは黄花です。


記録者:かめ


Ceropegia stapeliformis

学名 Ceropegia stapeliformis
和名 薄雲
ガガイモ科 セロペギア属
原産地 南アフリカ(大カルー地方)

花が特徴的なガガイモ科の中でも、秀逸な変花を咲かせるのがこれ。
春から夏にかけて、ひと目見ただけで「ナンジャこれ!」と叫びたくなるような花が咲きます。
花は3日程咲き続けます。

Ceropegia stapeliformis

ハエ媒花なのでポリネーターはハエ。
ハエに送粉させる為にガガイモ特有の腐臭を出します。
花に鼻を近づけると腐臭は感じますがそばに寄ったくらいでは匂いは判からず、それでもハエは集まってくるので虫の臭覚は凄いんでしょうね。

Ceropegia stapeliformis

茎は円筒形。
いわゆる柱サボテン型のガガイモとは違い、際限無く伸び続けます。
放置しておくとこんな状態に・・・・。

Ceropegia stapeliformis

無理やり行灯作りに仕立てたり支柱を立てたり、工夫して育ててるのを良く見かけますが、カットして差し戻しても発根率は高いです。

Ceropegia stapeliformis



記録者:かめ


Alluaudia procera

学名 Alluaudia procera
和名 亜竜木・二つ葉金棒
ディディエレア科 アローディア属
原産地 マダガスカル

マダガスカル南西部に自生するディディエレア科の大木。
現地では家の建材に使われたりしているようです。

ディディエレア科では一番ポピュラーな品種。
成木は高さ20mにも達する。
相当な強健種で、成長期の夏は屋外飼育可能。
雨ざらしでも全然大丈夫です。
冬は落葉するので断水して越冬させます。

たいていは小さい苗で売られていますが成長力旺盛で、僅か数年で一般家庭では持て余すほど高く成長する。

Alluaudia procera

もちろん20mもの株を一般家庭で飼育する事は不可能なので、頭頂部をカットして挿し戻しを繰り返す事によって短く太く仕上げるのが美徳とされている・・・・・の?←なぜ疑問?
ただし、旺盛な成長力とは裏腹に挿し木はちょっと気難しい面があり、オキシベロンなどの発根促進剤を使い、挿したら決して動かさず丁寧に扱った方が失敗は少ないでしょう。

Alluaudia procera

古くからの園芸品種で、古い植物園ではたいてい大木を見る事が出来ます。

Alluaudia procera

見たことはありませんが、高さ3メートルを越えた頃から枝先に黄白色の花を咲かせるそうです。


記録者:かめ


Adromischus herrei 'Green Ball'

学名 Adromischus marianiae var.herrei Green Ball
和名 グリーンボール
ベンケイソウ科 アドロミスクス属
原産地 南アフリカ

南アフリカのケープ地方に自生。
果物のドリアンと似てる為かドリアンの名を持つherreiが多いですが、自分としてはドリアンよりもゴーヤのほうが似てる気が・・・。
Adromischus herrei 'Green Ball'
これはグリーンボール。
ドリアンの名前は付いてませんがドリアンの名前を持つものと葉の形は一緒です。

花付きは非常に良く成長期には頻繁に花を付けていますが、花の観賞価値は低くタネは出来にくいようです。
Adromischus herrei 'Green Ball'

とは言え、繁殖力は非常に旺盛で、葉挿しの成功率はかなり高い。
Adromischus herrei 'Green Ball'
ただ、成長があまり早くないので、繁殖力の割には価格が下がらないのはそんな理由からではないかと・・・。

herreiは地域差や個体差による変種が非常に多く数十種類が確認されているようです。
一時期は赤くなるタイプ(レッドドリアン等)の人気が高かったようですが、人気が集中すると共にグリーンボールが姿を消し、現在ではグリーンボールの方が珍しくなってるとかなんとか。

個人的には葉挿しよりもお勧めなのが株分け。
このくらいの感じで幾つかに分けると葉挿しよりも格段に早く成長します。
Adromischus herrei 'Green Ball'

夏の蒸れには多少弱い面があるので風通しの良い涼しい場所で管理しましょう。



記録者:かめ


Dorstenia crispa ver.lancifolia

学名 Dorstenia crispa ver.lancifolia(sionym:Dorstenia foetida ssp. lancifolia)
クワ科 ドルステニア属
原産地 中央アフリカ、東アフリカ、アラビア

フォエチダの中でも細い鋸葉に比較的白い葉脈を持つバリエーションがランキフォリア。
丈夫で管理はしやすい方です。
Dorstenia crispa ver.lancifolia

フォエチダに比べるとスラッとした印象があり、観賞価値は高い。
並べてみると違いは判りやすいです(右がランキフォリア)
Dorstenia crispa ver.lancifolia

最低気温が15℃を越える成長期は表土が白くなったら灌水。
液肥も効果的です。

ただし、春になってまだ動きが見えないうちに灌水すると腐る事があるので、動きを確認してから10日後(根が動き出してから)くらいに灌水を始める。
Dorstenia crispa ver.lancifolia

冬は葉が落ちたら断水。
寒さに弱い面があるので室内に取り込むと良いでしょう。

フォエチダと同じ独特の変な花は種子が自家受粉で結実し、熟すと強く飛び散ります。
採取したい場合は細かいネットで鉢ごと包むと種子が底に溜まるで、こまめに拾い集めると良いでしょう。
Dorstenia crispa ver.lancifolia

放っておくとこぼれ種で良く殖えます。


記録者:かめ


Frithia pulchra

学名 Frithia pulchra
和名 光玉・晃玉
ハマミズナ(メセン)科 フリチア属
原産地 南アフリカ

南アフリカのトランスバールが原産地。
夏に雨季になる温帯草地に生息する夏型のメセンです。
光玉

小型のメセンで5㎝くらいの高さにしか育たず、茎の無い多肉質の葉を群生させます。
夏型とはいえ、夏の暑さにはあまり強くは無く、半日陰くらいのほうがしっかり成長するようです。

たびたび、フェネストラリアと似ている点がピックアップされますが、見慣れると識別は容易。
フリチアの方が葉が太く、根元まであまり変わらない太さで続きます。
また、アップで見ると葉の質感も全然違う。
やすり面状の質感・・・・などと良く言われるようです。
光玉

花は直径2cm程度の中心の白い紫花が基本。
初夏に咲きますが花持ちが良いのが特徴で、一週間くらいは咲いているようです。

この光玉は八重っぽい花になってます。
光玉
ちょっと珍しいタイプですね。


記録者:かめ


Caralluma hexagona

学名 Caralluma hexagona
ガガイモ科 カラルマ属
原産地 アラビア半島

hexagona=六角 と言う意味ですが、何をもってそういう名前が付いたのか謎
カラルマ ヘキサゴナ


花は先端にまとまって付くタイプのカラルマです。
カラルマ ヘキサゴナ


花のアップ
カラルマ ヘキサゴナ

花はネット検索を掛けると花弁の先端に密集する毛が生えているタイプとそうで無いタイプがあるようです。
また、色も白っぽいのから黒っぽいのまで、数種類見られます。
これは中でも黒っぽいほう。

ちなみに花も六角形ではありません。
カラルマ ヘキサゴナ

先端に群開して数日間咲き続けます。



記録者:かめ


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。