プロフィール

Author:かめ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

植物図鑑カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pachypodium horombense

学名 Pachypodium horombense
キョウチクトウ科 パキポディウム属
原産地 マダガスカル

釣鐘状の花が特徴のクリソポディウム亜属のパキポディウム。
春に咲く黄色い鐘状の花は正面から見ると5つの襞があります。

Pachypodium horombense

基本的には原種のパキポディウムですが、園芸的にはクリソポディウム亜属の交雑が進みすぎていて花の形で種類を判別するしか無いのが実情。
判別と言うよりは判断と言うべきか・・・。
ホロンベンセと言う名前で色々な花が出回ってますが特徴はすべて同じ。

Pachypodium horombense
Pachypodium horombense

体形はずんぐりした感じのものが多いようですが、葉幅や刺の太さ等に統一された特徴は無いため判別は花でするしかありません。
この株もかなり下部から枝が出ていますのでずんぐりと育ちそうですが、全体的な特徴はdensiflorumに似ています。

Pachypodium horombense

つまりホロンベンセの特徴はほぼ花のみな訳ですが、交雑が進んだクリソポディウム亜属の中でその他の特徴も無いため販売時の間違いも多いのだとかなんとか。
そんな感じでタネもイマイチ信用出来ないので、ホロンベンセのタネと言われて育ててもウン年経って初めて咲いてみたらデンシフロラムだった・・・なんて事が起こるわけです。

実際ネットで検索してみても、ホロンベンセが咲きました・・・って言ってデンシフロラムの花の写真・・・なんてのがたくさん引っ掛かります。
蕾さえ出来ればはっきりと違いが判るんですがねぇ。

Pachypodium horombense




記録者:かめ





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kame01jp.blog.fc2.com/tb.php/18-24471027

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。